平成31年度 学校運営の概要
                                                                                富岡市立小野小学校

1 学校教育目標

 ◎基本目標 ふるさとに親しみ、思いやりの心をもち、かしこく判断し、たくましく生きる

       子どもを育てる。

 ○具体目標 やさしい子 かしこい子 たくましい子
  ・やさしい子  思いやりがあり、なかよく助け合って生活できる子ども
  ・かしこい子  自ら学び、考え、正しい判断や行動ができる子ども
  ・たくましい子 心身共に健康でたくましく、粘り強くやり抜く子ども

2 学校経営方針

(1)基本方針
  児童一人一人の「生きる力」の育成に向けて、学校・家庭・地域社会が一体となり、地域に

 根ざした、信頼され、魅力ある学校づくりに努める。
  そのための基盤として、児童一人一人の安全・安心を第一に考えた学校の運営を行い、児童

 の「生命」と「尊厳」を守る。併せて、業務改善の視点から学校の運営に関する取組の見直し

 を図り、教職員の「健康」を守る。このことにより、明るく活気のある学校にする。

(2)具体方針
  ① 確かな学力の向上
  ・基礎的・基本的な知識・技能を確実に習得する。
    → 個に応じた指導の充実
  ・思考力・判断力・表現力等の知識・技能を活用する能力を育成する。
    → 体験的な学習や問題解決的な学習の重視
  ・主体的に学習に取り組む態度を涵養する。
    → わかる喜び・できる喜びを実感できる指導の工夫
  ・外国の言語や文化の体験的な理解を深め、主体的に英語でコミュニケーションを図る基礎

   的な資質・能力を養う。
    → 外国語指導助手(ALT)の積極的な活用
  ② 豊かな人間性の育成
  ・感性を高め、たくましさとやさしさを兼ね備えた豊かな情操を育成する。
    → 特別の教科道徳を要とした道徳教育の重視
  ・夢や希望をもち、自らよりよく生きようとする態度を育成する。
    → 自分を大切にする心、自らの将来に目を向ける機会の充実
  ・郷土への誇りと愛情を育成する。
    → 地域の人や文化、自然及び富岡製糸場を教材として取り入れた学習の重視 
  ③ 健やかな体の育成
  ・体力を向上させ、心身の健康を保持増進する。
    → 学校体育、学校保健の充実
  ・基本的な生活習慣を確実に定着する。
    → 家庭との連携、食育の充実
  ・生命の尊重を基盤とした危険予測・回避能力を育成する。
    → 安全教育の充実
  ④ 学校経営の充実・改善
  ・創意あふれ特色ある教育課程の編成・実施・評価・改善に努める。
    → 自校の教育課題の明確化と主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善
  ・学級経営の充実に努め、教師と児童、児童相互のよりよい人間関係を築く。
    → 言語環境、互いに認め合い高め合う集団づくり
  ・学校全体で学力向上やいじめ防止に取り組める体制を構築する。
    → 計画的で組織的な学力向上委員会や生徒指導部会・教育相談部会の運営
  ⑤ 教職員の資質能力の向上
  ・学校課題の解決と教師の指導力の向上に努める。
    → 教職員研修の機会の充実
  ・学校運営への積極的な参画を推進し、教職員の職能成長を促す。
    → 人事評価制度の活用
  ・服務規律確保への意識を高め、体罰等の力による指導や交通違反を根絶する。
    → 服務規律委員会の活性化
  ⑥ 小・中学校間連携の充実
  ・児童生徒の実態や発達段階に応じた系統性・一貫性・連続性のある指導を行う。
    → 義務教育9年間を見通した教育課程の編成・実施
  ・小・中学校間の相互理解を深め、小学校から中学校への滑らかな接続となるようにする。
    → 北中との教職員の交流を積極的に推進
  ⑦ 家庭・地域・関係機関との連携
  ・外部からの意見を適切に取り入れるとともに、学校の取組を家庭・地域への積極的に情報

   発信し、開かれた学校づくりを推進する。
    → 学校評議員会や学校評価の活用
  ・地域人材を積極的に活用するとともに、関係機関との日常的な連携に努める。
    → 学校支援センターの機能化
  ⑧ 教育環境の整備・充実
  ・ICT教育を推進し、学習環境を充実する。
    → 各教科等におけるICTを活用した授業実践
  ・校務の効率化を推進し、教職員の勤務状況を改善する。
    → 校務支援システム等の活用、学校設備、教材・教具等の整備・充実 
  ・防災の視点からの安全性の確認と周知を行う。
    → 様々な災害に対応するための危機管理マニュアルの見直し 
3 本年度の努力点
(1)主体的・対話的で深い学びの実現に着目した授業改善の推進
  ① 外国語(英語)教育の充実の視点から
  ・英語を使ってコミュニケーションを図る場面設定を工夫し、英語を使う必要感のある学習

   を行い、英語に親しむことができるようにすることで、主体的な学びにする。
  ・外国語指導助手(ALT)を活用し、児童にコミュニケーションのモデルを提示し、AL

   Tとの生きた英語に日常的に触れる機会をつくることで、対話的で深い学びにする。
  ② キャリア教育への取組成果の視点から
  ・児童用キャリアシートを活用し、めあて・まとめ・振り返りを明確に位置づけた授業を行

   うことで、主体的な学びにする。
  ・人や社会と積極的にかかわる学習場面を意図的に設け、自他の考えを交流する活動を行う

   ことで、対話的な学びにする。
  ・児童に身に付けさせたい資質・能力を明確にし、各教科等の特質に応じた見方・考え方を

   働かせる活動を行うことで、深い学びにする。

(2)いじめや不登校の未然防止と発生時解消に向けた取組の強化
  ① 学級経営の充実の視点から
  ・わかる授業を目指した教材研究を行い、授業中に児童の興味・関心や能力に合った活躍の

   場を設定し、一人一人に存在感を持たせる。
  ・児童一人一人のよさやがんばりを認め、児童が自信をもって活動できる指導を行うととも

   に、互いの考えを交流し、互いのよさを学び合う場の設定を工夫する。
  ・学習の土台となる学習規律(授業規律・生活規律)を確立し、児童が安心して学習に取り

   組める学級づくりに努める。
  ・教職員の情報発信を促進し、一人で課題を抱え込むことなく、学校全体で組織的に取り組

   む態勢づくりに努める。
  ② 家庭や関係機関等との連携の視点から
  ・スクールカウンセラーや心の教室相談員を積極的に活用し、個別面談の機会を設けること

   により、児童の不安や悩みの早期解消に努める。
  ・家庭ときめ細やかな情報交換を行い、登校をしぶる児童が欠席をした場合の状況を的確に

   把握し、問題解決に向けた丁寧な対応に努める。
  ・望ましい生活習慣の形成に向けた家庭でのルールづくりへの啓発を進めることで、携帯電

   話や通信機能のついたゲーム機などを使った「見えにくい」いじめの防止に努める。