令和3年度 富岡市立小野小学校経営方針

                      

☆ 学校教育目標 ☆

◎ 基本目標
ふるさとに親しみ、思いやりの心をもち、かしこく判断し、たくましく生きる子どもを育てる。

                        ◎ 具体目標
                   ◇ やさしい子  思いやりがあり、なかよく助け合って生活できる子ども
                   ◇ かしこい子  自ら学び、考え、正しい判断や行動ができる子ども   
                   ◇ たくましい子 心身共に健康でたくましく、粘り強くやりぬく子ども
       

☆☆ 学校経営方針 ☆☆

[基本方針]
  「すべては子どもたちのために」を合言葉に、協働意識を持ち、児童、保護者、地域から信頼され、魅力ある学校を目指す。
  [具体的方針]
(1)学校職員としての情熱・専門性・人間性を高め、人権尊重の精神を基盤とした教育を推進する。
(2)児童の成長を最大の目標とし、全職員による共通理解と一貫した指導による児童主体の教育活動を推進する。
(3)「確かな学力・豊かな人間性・健やかな体」をバランスよく育み、児童が将来自立し共生していくための基礎を培う。
(4)職員一人一人の特性を生かした全職員経営参画による組織的で活力ある学校づくりを推進する。
(5)危機管理と環境整備に努め、安全で安心な学校づくりを推進する。
(6)保護者、地域、関係諸機関との連携を深め、地域に根ざした信頼される学校づくりを推進する。

         

☆☆☆ 本年度の重点 ☆☆☆

                   

(1)確かな学力の向上
  ①「はばたく群馬の指導プランⅡ」を参考にした「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善を図る。
     ② 専科教員、ALTの積極的な活用を通して外国語科・外国語活動を充実させ、積極的にコミュニケーションを図ることができる児童を育成する。
  ③ 1人1台端末の有効活用を通して、ICT教育を推進し、学習活動を充実することで児童の情報活用能力を育成する。

(2)生徒指導の充実
  ① 積極的な生徒指導を通して自己有用感に裏付けられた自尊感情を高め、規律と居場所のある学級・学校つくりを推進する。
  ② 児童とともに、安心・安全な学校づくりに取り組み、いじめや不登校の防止・解消や、自他の生命や健康を守るための危険予測・回避能力を育成する。

(3)家庭・地域との連携
  ① 家庭や地域と相互に連携して児童の自立を促し、たくましい心の育成し、望ましい生活習慣の定着を図る。
  ② 各種教育活動における地域の人的・物的資源を積極的に活用する。
  ③ 信頼される学校づくりのため、積極的に学校公開や情報発信を行う。